株式会社わたつみ

TEL:050-3728-3254定休日:日曜・祝日

「勝タン」とは?

丼の表面は真っ赤っ赤!

勝浦タンタンメン。通称「勝タン」初めて見た人は、このラー油の赤さに驚きひるむ。
でも食べてみると、辛さとタマネギの甘み、挽き肉の旨みが絶妙なバランスでやみつきになる人多数。



冷えた体を温めるSOULFOOD

そもそも勝タンは当時、海女さん・漁師さんが 寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着してきた。
「これ食べなくちゃ、やってらんねぇよ」という声が今も聞かれ、 海から上がったサーファーに、冷えた体を温めるメニューとして受け継がれている。 部原、マリブ、松部 etc… 日本有数のサーフポイントを持つ、千葉房総・勝浦で 生まれ育った料理「勝タン」。
市民や学生にはもちろん浸透しているが、メディアでも話題沸騰の今、これを目当てに たくさんの人が遠方からやってくる。




中華の担々麺とは違います!基本は醤油ベースで、具は炒めたタマネギ・挽き肉・ラー油など

種類は豊富でお店によりだしもベースも様々。 味噌・胡麻・カレー・つけ麺・冷やし・やきそば・まぜそば…



中華料理の担々麺とは違い、芝麻醤(胡麻ダレ)は使わない (勝浦の中華料理屋では担々麺を注文すると勝タンがでてくるのでご注意を!)
辛さもお店次第!すすると「けほっ」と咳き込む辛さから、子供も食べれる辛さまで。
勝浦では学校給食でも提供されています。


勝タンが食べられるのは、ラーメン屋や食堂の他、喫茶店・焼肉屋・居酒屋・ゴルフ場・・と様々

メインに、おかずに、飲んだ後の締めに… まさに土地に根づいたSOULFOOD。 あれこれ食べ比べて自分好みの「勝タン」をみつけてみよう! 市内では40店ほどのお店で食べられ、東京・台場にアンテナショップの『勝浦ビーチスタイル』がある。 勝タンを食べて勝つ。勝負事の前のげんかつぎとしても人気がある勝タンを食べに 『いんべやぁ!』 (勝浦のローカルワードで「さぁ、いくぞ!」という意味)